Testimonials

了生の声

今後マネジメントをする立場になっていくので、その際に経営の基礎的な知識をもって経営陣と会話ができるようになることが重要だと感じ受講しました。このプログラムを通して、ビジネス理論の「文法」を習得することができたと感じています。来たる管理職へ向けて自信がついたように感じます。

20代女性・外資系金融勤務

長年に亘りメーカーの技術職として勤務してきたが、外資系企業に移って数年が経ち、管理職になったいま経営的な視点をもって会社・部下をマネージする必要がでてきた。いままで技術畑で過ごしてきたため、ビジネスサイドの論理やマネジメン理論をキャッチアップしたいと思い受講した。結果として、高名なCBSのプログラムで効率的に学ぶことができ非常に役立っている。

40代男性・外資系メーカー勤務

「全く新しいビジネスを一から立ち上げる」ということを模擬的にでも体感したいと思い受講しました。日頃、大企業向けに中期戦略や新規事業策定、実行支援をすることが多く、既存の資産・強みを活かして1を10や100にするという考えをすることが多いため、0を1にする感覚を知りたいな、と思ったことがきっかけです。一連の流れを通して、自分の弱いところを再認識しようと思っていましたが、案の定、マーケティングあたりが疎いなと認識出来て良かったです。また、様々な業種・職種の方が参加しているので、皆さんの仕事の話を聞くことが出来、有意義でした。

30代女性・コンサルティング会社勤務
 

(前職が専門的な仕事であることもあり)ビジネスや経営のリテラシーを身につける必要があると感じており、またMBA留学を検討していたため、その簡略版として良い経験になると考え受講しました。同じ志をもつ人と知り合うことができたことや競合分析やビジネスモデルキャンバスなどのビジネスの基礎理論について学ぶことができた点が良かったです。

20代男性・VFA修了後起業
 

自分のふるまい方、学び方次第で大きな財産(知識、経験、人脈)にな    るプログラムです。お金も時間も投資だと思い、迷っているなら絶対に受けるべきだと思います。個人的には、会社にいるだけではお金・時間に変えられない経験や人脈を短期間で得られたと確信しています。

20代男性・IT企業勤務

 

修了生インタビュー:横野さん

​CBS-VFA(東京)2015年修了

​​K. Yokono

Class of 2015

scroll

受講のきっかけは大きく二つあります。一つはMBAの簡単な体験をしてみたかったという点。以前からMBAに興味があったのですが、いざ応募してみよう、勉強を始めてみようとすると、時間もコストも非常にかかるものだと気付きました。そこで、自分の中で行きたいと確信を持つ前にいったん短期のプログラムを試してみたいと思ったのです。


そしてもう一つのきっかけは、社外の人脈を広げたかったという点です。当時の私は社会人2年目で、社内の人たちだけと固まりがちなところがあったので、社外の人と受講内容や世界のビジネストレンドについて話をしたいと思ったこともきっかけとなりました。

コロンビアビジネススクールの公式プログラムを受けられるということが、Venture For All Programを選んだ明確な理由でした。有名なビジネススクールで実際に教えている講座を日本でも学べるという点で、MBAの体験をするなら当プログラムは非常に適していると思います。

MBAの体験をしたかったという当初の狙いは、非常に合致する結果でした。マーケティングからファイナンス、競合分析など短期間で幅広く勉強できたので、MBAの雰囲気をしっかり体験することができたからです。


人脈を広げたいという点に関しても、銀行、コンサルティング、既に起業している方など自分の業種以外の幅広いジャンルの方々と交流を深めることができ、大きな収穫だったと思います。


加えて想像以上の収穫もありました。私はインターンを多く経験していたので、ビジネスの基礎を学ぶという点では、既にノウハウを持っていたつもりだったのです。しかしいざプログラムに参加してみると、インプットしたものを最終プレゼンでアウトプットした時に、自分がいかに「分かったつもり」になっていただけで、実はそうではなかったことに気付きました。改めてビジネスの基礎を叩き直す良い機会になったと感じます。

同じプログラムを受講した仲間とは、修了後も付き合いが続いています。事務局の方で「修了生名簿」を作ってくださいますし、SNS上の修了生グループで情報交換もできるようになっています。例えば、あまり表に出ていない採用情報や、他大学のMBAとのネットワーキングイベント情報、ビジネスコンテストの情報などが交換されているので、いつも新鮮な情報を得られています。


オンライン上だけではなくて、四半期に1回程の食事会や、その他のビジネススキル・プレゼンスキルのオプション講座といった様々な外のアクティビティ講座もあるので、積極的に参加するようにしています。


他にも私の場合、現役生のプログラムのチームビルディングを手伝うなど、事務局的な活動にボランティアとして携わらせていただいています。修了後もプロジェクトに参加したい人は自由に参加して関われるところも、本校の良いところかなと思います。

MBAを模擬体験してみたい人、社外や学外の人とネットワークを広げて、ビジネスや世界のビジネストレンドについて学びたい人にはVenture For All Programを強く勧めます。


当プログラムは、自分が設定する目的次第でどれだけでも自分のメリットに繋げられるものです。私の目的だったMBA体験やネットワーク作りという点ももちろんですが、例えば学生の方だったら、ビジネスに必要なことを2ヶ月で漏れなく学べるという利点もあります。実際にこのプログラムの後にMBAに進んでいく先輩もいるので、MBA選考に当たってのノウハウや情報も交換できます。


学生の皆さんにとっても、社会人の方にとっても自分次第で吸収できることの多いプログラムに是非触れてみて欲しいです。

過去の​受講生の主な所属先

2016年に開始されたCBS-VFA®日本版には、いままで以下のような所属先の受講生を迎えてきました。

受講生のなかには修了後に起業したり、よりチャレンジングな環境を求めて転職した方々もいます。

 

またCBS-VFA®日本版では、これまでに多くの学生参加者を受け入れてきました。

 

所属企業(受講時点)

三菱商事

バンクオブアメリカ・メリルリンチ

川崎重工業

PwCコンサルティング

三井住友海上火災保険

​クインタイルズ・トランスナショナル

豊田通商

​イースト

​(株)True Data

​リクルート

​ヤマハ発動機

​IBMジャパン

​本田技研工業

​DMM

​スタジアム

​三井情報

​ブリジストン

​OYO Hotels Japan

​立命館大学

​ハイボット

​日鉄物産

​メディカルノート

​電通コンサルティング

​税理士(2名)

​ゴールドマン・サックス

日本政策投資銀行

電通

 

WeWork

​トヨタ自動車

グラクソ・スミスクライン

山形中央病院(医師)

日経メディアマーケティング

監査法人トーマツ

コニカミノルタ

​双日

​ビズリーチ

エムスリー

​株式会社ピクセル

(株)quantum

​日本タタコンサルタンシーサービシズ

​レクシスネクシス・ジャパン

​アビームコンサルティング

​ソフトバンク

​田中運輸

​ヤンセンファーマ

​UDS

​イオンモール

​医師(5名)

​アマゾン・ジャパン

​三井物産

​文部科学省

アクセンチュア

ソニー

リクルート

​神戸製鋼所

​マネックス・ベンチャーズ

NTT東日本

レバレジーズ

​エッジ・インターナショナル

​日本経済社

​博報堂コンサルティング

​オリエンタルランド​

​SBIホールディングス

​パナソニック

​あいおいニッセイ同和損保保険

​ホクレン農業協同組合連合会

​KDDI

​デロイトトーマツ

​日鉄ソリューションズ

日東紡績

​特許機器

​弁護士(3名)

経済産業省

​サイバーエージェント

EYアドバイザリー&コンサルティング

博報堂

パナソニック

PwC税理士法人

ワークス・アプリケーションズ

みずほ銀行

​ガートナー

​コロプラ

​船井総合研究所

​KPMGコンサルティング

​デンソー

​三菱電機

​帝人ファーマ

​東京海上日動火災保険

​データセクション

​富士通

​MyCity

​松田産業

​Qunie

エンワールド・ジャパン

​ヤンマー

​研究者(3名)

所属大学・大学院(受講時点)

​ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン​​

​慶應義塾大学

​上智大学

​信州大学

首都大学東京

東京理科大学

​東京大学

​東京医科歯科大学

東京工業大学

​同志社大学

​関西大学

​法政大学

​聖心女子大学

トロント大学

東京藝術大学

​京都大学

​一橋大学

​立命館大学

​中京大学

​神戸女学院大学

​ニューヨーク州立大学オルバニー校

​早稲田大学

​東京外国語大学

​山口大学

​創価大学

​明治大学

修了生の大学院合格実績

個人情報保護方針特定商取引法に基づく表記 Copyright © 2020. VFA Japan. All Rights Reserved.

Venture For All® Program日本版 運営責任